らすべぇ~の ベガスな旅と妄想

ラスベガス好きのブログ

マンダレイベイ ラスベガス旅行~2017年4月 4日目②

f:id:lasvegas-love:20171015195821j:plain
らすべぇ~のラスベガスブログですっ!

プレミアムアウトレット・ノースで買い物をしてると、そろそろチェックインしても良いかなぁという時間に…。
少し早いけど、次の宿泊先マンダレイベイへ向かいます。

マンダレイベイはどんなホテル?

1999年に開業。
部屋数は3300室以上。
スタンダードな部屋で51㎡。
外観は、金ピカ。
南国のリゾートのイメージ。
砂浜があったり、波が出るなど、プールは有名。
サメの水族館「Shark Reef」があります。
ハウスオブブルース という1,800人収容可能な有名なライブハウスもあります。
シルクドソレイユの常設ショー、マイケルジャクソンONEを公演。
ショーには、日本人も出演していますよ~。
大きなアリーナもあり、ボクシングの試合で使われたり。
もちろん、コンベンションセンターも併設されています。
このホテルの建物の35~39階は「フォーシーズンズ」という別ホテルというのが不思議。
玄関、チェックインカウンター、エレべーターはマンダレイベイとは別。
そして、マンダレイベイホテルには別館?があり、名前の変更を経て今は「デラノ」
こちらは全室スイートの1100室。
マンダレイベイは、ストリップの南端にあります。
隣のルクソール、その隣のエクスカリバーとは無料トラムで行き来可能です。
空港からも、ホテルは見えます。
(この旅行の約5か月後の2017年10月1日に、ラスベガス乱射事件の犯人とされるスティーブン・パドックが宿泊し犯行を行ったホテルです)

チェックイン

f:id:lasvegas-love:20171015202721j:plain
一応チェックイン時間は15時。
私達は、早めの14:15頃にフロントに到着。
すでに、長蛇の列。
(もつと早く来ても良かったかな?)
でも、ロープを見る限り余裕がある。
土曜日ですから、まだまだ沢山のお客さんが来るんですね~。
家族連れも多いです。
子供はプール遊びを楽しみにしてるのかな?
そういえば、このチェックインの時とプールを見に行った時以外は、子供はほぼ見かけませんでした。
ロビーは、自然光が差し込み明る~い。
とっても、素敵な感じです。
マイケル・ジャクソン像が見守ってくれています。
f:id:lasvegas-love:20171015203526j:plain
この像は、マイケル・ジャクソンのアルバム「HISTORY」のジャケットに使われた銅像。
マイケル・ジャクソン自身が彫刻家のダイアナ・ウォルザックさんに依頼したもの。
HISTORYツアーにも同行(?)
3mの大きさ。
台座も高いので、触れません (^▽^;)
この像は、マイケル・ジャクソン財団から借りているそうです。
財団から借りているのは、他にもあります。
このホテルで行われているシルクドソレイユの常設ショー、マイケルジャクソンONEのシアターに展示されています。
さてチェックイン。
モバイルチェックインというシステムがありますが、利用者はまだ少なめなようです。
私達は、チェックイン・チェックアウトともに有人のカウンター利用します。
パスポート・予約の際に利用したクレジットカード・予約内容を印刷した紙・(私達の場合)MGM系のカードを手に持ち準備OK。
特に問題なく、チェックイン終了。
チェックインの列に並んで、部屋に入るまで30分くらいかかったかな…。
ロビーからエレベーターホールはすぐです。
残念ながら、駐車場は少し離れてますが…。
駐車場は、有料です。

お部屋紹介

f:id:lasvegas-love:20171015220333j:plain
お部屋は、26階。
ホテルの客室は、3方向に分かれています。
私は確認しなかったのですが、 BALI Wing 、FIJI Wing、TAHITI Wingとそれぞれ名前がついているらしいです。
私達の部屋は、南西方向の26304号室。
たぶん、TAHITI Wing。
特にタヒチ感はありません。
^0^)ゥケル
f:id:lasvegas-love:20171020075546j:plain
上の写真は部屋に貼ってありましたが、何故か違う部屋の所に印がついてました。
私達が宿泊したのは、矢印の辺り。
エレベーターから近い部屋でした。
ちなみに、間違って印がつけられ「×」印をつけたWingの先端、その32階が乱射事件を起こしたとされるスティーブン・パドックの宿泊した部屋になります。
さて、今回宿泊する部屋はどんな感じかな~。
初めて宿泊するので、楽しみ~。
いざ、入室!!!
f:id:lasvegas-love:20171015224034j:plain
部屋に入った瞬間、気に入りました。
上の写真は、ちょっと暗いですが…。
実際は、明る~い!
足元まである大きい窓。
白を基調としたインテリア。
たぶん、リフォームしてると思われ、きれいです。
お部屋も、広めな感じ!
この部屋は、窓の近くが少し狭くなったつくりでした。
デスクの辺りは、こんな感じ ↓
f:id:lasvegas-love:20171016204353j:plain
デスクには、差し込み口が充実 ↓
f:id:lasvegas-love:20171016205232j:plain
何だか、仕事がはかどりそう!
特に仕事はないので、荷物置き場 兼 充電ステーションになってました。
d(ovo)b
扉の中は、冷蔵庫。
もちろん、課金式( ;∀;)
上にある水や菓子類も触りません。
各階の自動販売機の所に、無料の氷があるのでそれを利用します。
f:id:lasvegas-love:20171018201154j:plain f:id:lasvegas-love:20171018201218j:plain
アイスペールに付いてるトングはプラスティック。
これが、かなり残念。
毎日、折ってしまった…。
氷を掴む時は問題ないのですが、何も挟まないのにカチカチと閉じてしまうと、「バキッ」っと・・・。
学習能力がなく、ついついカチカチさせて折っちゃう。
コンビニのスプーンやフォークっを持参してたので、何とかなりました。
とうとう最後の日には、新しいトングが補充されませんでした。
下の写真は、割れたトング。
f:id:lasvegas-love:20171016215450j:plain
洗面所他のスペースはこちら ↓
左側は部屋の出入口。
大きな鏡があります。
f:id:lasvegas-love:20171016220945j:plain
洗面所の出入口がベッド側にあるのは、珍しい。
壁じゃないので、圧迫感がないのが利点かな。
心配したのが、夜中のトイレ利用。
らいおん君(夫)を起こしちゃうんじゃないかと心配しましたが、大丈夫でした。
出入口の両サイドはクローゼット。
クローゼットが2つあると、沢山収納できて良いですね。
たしかセーフティボックスはクローゼットにありました。
洗面所はダブルシンク ↓
f:id:lasvegas-love:20171016221841j:plain
アメニティーはMGMグランドと同じ。
シャンプー、コンディショナー、ボディローション、石鹸。
このお風呂は、らいおん君(夫)のお気に入り ↓
何だか気分が良かったようです。
深さもあって、お湯の出も良かったですよ。
f:id:lasvegas-love:20171016222916j:plain
シャワールームも一歩で行けてGood!
浴槽とシャワールームの間にバスマットを敷くだけで、床を濡らさずすみました~。
他のホテルでは、同じ洗面所エリアにありながら、浴槽とシャワールームが離れてることが多い気がします。
皆さん、どうしてるのでしょう?
私はバスマットを踏んだ状態で、マットをずらしながら移動してます。
ちょっと、滑稽です。
(//∀//)
その横の白いドアは、トイレ。
トイレの水流音がすごく大きかった~。
さて、景色は…
f:id:lasvegas-love:20171017234158j:plain
私達は、勝手にピラミッドビューと呼んでました。
ルクソール、エクスカリバー、ニューヨークニューヨーク、シティセンター辺りまで見えます。
けっこう良かったですよ~。
窓辺の椅子に座って、時々景色を楽しみました。
もう少し上の階だと、もっと他のホテルも見えたかな?
夜は、こんな感じ ↓
f:id:lasvegas-love:20171018181423j:plain
写真、すっごいブレちゃってますね。
(´△`)↓
お部屋は居心地が良くて、と~っても気に入りました。
静かで、廊下の話し声が聞こえたのも一度だけ。
私達の部屋の前を通った時のおば様達の声。
負けたとか、そういう話が聞こえました。
部屋の清掃も、きちんとされてた。
当たり前なんだけど、MGMグランドでは当たり前じゃなかった…。
また、泊まりたいホテルになりました。
有名なプールの紹介は、また今度。
次回は、お気に入りのサマリンに遊びに行きます。

MAP

VEGAS STRONG

今回の記事は2017年4月の宿泊のことを書いています。
しかし、この5ヵ月後の10月1日、このホテルのスイートルームからラスベガスの乱射事件が起きました。
とても、ひどい事件。
犠牲となって亡くなった人や負傷した方々の恐怖や苦痛や悲しみを考えると辛いし、腹立たしい。
ラスベガスでは犠牲者のために祈り、負傷者の回復を願いサポートしながら、前向きに進んでいます。
VEGAS STRONG
ベガスは強い。負けない。
私達は、今後もラスベガスが好きだし、旅行にも行く。
このマンダレイベイが、お気に入りのホテルというのも変わらない。
今後も利用したいと思っています。
今は、マンダレイベイ付近の通行止めは解除され、割れた窓ガラスは修理されたようです。
ホテルの入り口付近には、献花場。
そして、この「VEGAS STRONG」というスローガンが、ホテルの上層階の窓に掲げられているそうです。

お付き合いいただきありがとうございました。